住宅バリアフリー

いつまでも快適に生活できる家づくり
バリアフリー住宅と言えばまず『高齢者にやさしい家』ということが連想されます。しかし、バリアフリー住宅とは、介護の必要な人や高齢者だけでなく、そこに暮らす家族にとっても安心して暮らせるものであるべきと私達は考えます。また、家を新しく新築する際には、将来の生活を考え、家族がどんな状態になっても幸せに暮らせるように設計することも大切です。今を楽しむことに重点を置きながら、将来を見据えた住まいづくりに挑戦しませんか?私達は豊富な知識と経験で、バリアフリーの住まいをご提案いたします。

◎ バリアフリーイメージ

玄関のスロープと手すりの他、段差をなくし床をバリアフリーに。

内観イメージ

バリアフリー住宅のポイント

住宅を新築する際に、将来を考えはじめからバリアフリーの設備を設置する必要はありません。必要になった時の事を想定して、あらかじめ設置できるスペースを設けるだけでも充分なのです。
将来を見越した対策は限られてしまいますが、住宅を新築や改築するときには下記の点を考慮した設計をお薦め致します。

室内イメージ
1.敷居
敷居など出入り口の段差はなくしておく。どうしても段差ができてしまう場合には、足元にライトなどを設置する。
2.階段
階段には、急勾配にならないよう、廻り階段や直線階段の中間に踊り場を設ける。
3.部屋
居間や寝室などは、将来的に柔軟に間取が変更できるように広く作る。介護が必要になったとき、それに適した部屋に変更可能にするためです。
4.壁
壁は、手すりなどをつけることを想定し下地を補強する。また、スイッチやコンセントの高さも考慮する。
5.玄関
玄関は、広めに作り、上がり框の段差はできるだけ低くしておく。

手すりの取付け、敷居などの段差解消工事、床フローリング工事、床暖房工事、開口部拡大・扉交換工事、トイレの設置など、手すり一つの取付け依頼から複雑な内容までお気軽にご相談下さい。
バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームのお問合わせは こちら よりお願い致します。